#
製品情報

トップ  >  製品一覧  >  ZPE Systems製品一覧  >  DMC

ZPEシステムズ

ZPE Systems #

セキュア・エッジ・サーバ

Digital Material Controller (DMC)

#

製品名称/型番
DMC
寸法/重量
幅201×奥行142×高さ44mm/1.2Kg
出荷重量
2.3Kg
動作環境
温度:-20~50℃/湿度:20~90%RH,結露無し
電 源
AC電源アダプタ付属(AC100~240V入力)

ポート数

1GbERS-232CシリアルUSB2.0/3.0VGAコンソール
独立1+共有482/211

CPUIntel Atom 1.9GHz, 2/4コア

RAMDDR3 4GB/8GB

内蔵ストレージMSATA32GB/64GB/128GB

消費電力DC12V:最大25W

製品説明
製品各部説明

#

画像番号・ポート名 詳細説明
ETH0 1Gigabit Ethernet(10/100/1000Base-T RJ-45) × 1ポート 独立
NET 1Gigabit Ethernet(10/100/1000Base-T RJ-45) × 4ポート HUB
SERIAL RS-232Cシリアル・ポート(RJ-45) × 8ポート
(無記名) USB3.0 (タイプA)× 2ポート デバイス・ポート
(無記名) USB2.0 (タイプA)× 2ポート デバイス・ポート
MONITOR D-sub15ピン(メス)× 1ポート VGA映像出力ポート
POWER IN AC電源アダプタ入力用DCジャック × 1ポート(抜け止め防止付)
(無記名) 電源スイッチ(〇=オフ/—=オフ)
CHANNEL A/B
  1. CHANNEL A:SERIALポート 1番~4番 アクティビティ LED
  2. CHANNEL B:SERIALポート 5番~8番 アクティビティ LED
CONSOLE RS-232Cシリアル・コンソール・ポート(RJ-45) × 1ポート (ホスト制御用コマンドライン・インターフェース)
RST リセット・スイッチ(ホール径:約1.5mm)
内蔵スロットI Cellular 4G/LTE デュアル SIM オプションとして最大2枚まで搭載可能 (M.2スロット ×2)
内蔵スロットII Wi-Fiオプション ×1 搭載可能 (Mini PCI Expressスロット×1)
提供できるソリューション
  • #ソフトウェア定義のネットワーク機能(SDN)、Docker仮想化機能、KVM仮想化機能
  • #冗長ネットワークフェールオーバーのためのデュアルSIMスロットを備えた2x4G/LTE(オプションの4G/LTE USBモデムサポート)
  • #アウトオブバンドアクセスでの制御およびモニタリング(SSH)
  • #ルーティングとスイッチング機能、VPN/IPSECおよびファイアウォールを内蔵
  • #ポリシーベースの認証、認可および監査
  • #マルチポートハードウェアおよびマルチベンダーデバイス
  • #ホットスポットまたはクライアント用のWi-Fi対応(内蔵カードまたは外付けUSB経由)
  • #複数のルーティングテーブル機能
  • #フェールオーバー/スループットのためのインターフェイスボンディング
  • #カスケードネットワークデバイス用のブリッジモード
Digital Material Controller(DMC)のOS構成

Yocto Project LinuxベースのNodeGrid OSが組み込まれたITプラットフォームです。

  • #必要とされるI/Oが標準搭載により、制御や監視系などのアプリケーション開発が容易に行えます。
  • #仮想化のDockerまたはKVMで、他のプロセスと分離してしてアプリケーションを動作させることができます。
  • #ITプラットフォームのセキュリティ対策にファイアウォール、SSL,VPN,SSH/HTTPSなどのセキュリティ機能をサポートしています。

#

PSIが提供する機能
  • #Darktrace用センサー(10人30デバイス程度)をインストールした専用装置として
  • #autossh(標準予定)クローズネットワーク環境でもsshのサーバを用意すればサーバから常にリモートを監視できる。
    (DarktraceのCall-Homeイメージ)
  • #DHCPサーバ(標準)
  • #スクリプト言語のPython2.7
  • #syslogサーバ(標準)
autossh(予定)
サポート予定:クローズネットワーク環境からでもsshのサーバに接続 して、サーバから Digital Material Controller(DMC)へ 通信が可能となる。
syslog機能
● syslog機能は標準搭載です。
● スクリプト言語のPython2.7がインプリメントされていますので、加工、転送、その他で利用できます。
● その他、fluentd、elasticsearch、kibanaも標準で実装されております。
● いろいろなアプリケーションに応用できます。

大規模構成で配備する高度なDarktraceのAI機械学習によるサイバー防御をコストを抑えて、小規模な工場・研究所・事業所にも配備できます。

#IPSEC VPN、Firewall、 Switch/Router、Syslog、Radius認証、AutoSSH、DHCPなどの機能搭載およびDarktraceと連携できます。
特定組織に対するより細やかなサイバーセキュリティ対策にも最適。

応用事例
制御・監視・集計用エッジサーバとして利用
● 生産ラインのデータ収集と集計
● スマートグリッド装置の制御とデータ収集および集計
● テストラボの各種装置やセンサーの制御とデータ収集および集計
● 各種センサーの遠隔操作とデータ収集および集計
● ヘルスケア、バイオテクノロジー装置やセンサーの制御とデータ収集

#