#
詳細商品情報

トップ  >  製品一覧  >  シャーシ & アクセサリ  >  IONMM

シャーシ & アクセサリ

Transition Networks #

IONMM

IONMM:ION管理モジュールでIONカードのWeb管理でリンク・ステータスの確認、CLIアクセスによるデータの取得、SNMP v1/v2C/v3設定・IONシャーシ1スロット占有

#

メーカー
トランジション ネットワークス社
保証・保守
5年間・センドバック
製品名称/型番
IONMM, IONMM-232
寸法/重量
120g
電 源
(IONシャーシより給電)
製品構成情報(SKU)

ION管理モジュール

型番SKUポート情報対応シャーシ
IONMM(2)10/100Base-TX(RJ-45)およびConsole(USB TypeB)ION219, ION106
IONMM-232(2)10/100Base-TX(RJ-45)およびConsole(RJ-45/RS232)ION219, ION106
製品説明
製品構成

#

ION管理モジュール(IONMM)は1スロット設計のスライド・イン・カードでIONシャーシおよびリモート接続先の単体型メディアコンバータやNID(ネットワーク・インターフェース・デバイス)にインストールされている他のIONファミリ・スライドイン・カードのすべてを設定および管理することができます。 IONMMは、シャーシのバックプレーンに直接接続し、同じIONシャーシ内に接続されたそれぞれのIONスライドイン・カードと通信したり、遠隔地にあるデバイス(IONシャーシに構成されたスライドイン・カードを含めて)も、単体型のIONファミリのメディア・コンバータも含めて各種設定および管理することができます。管理トラフィックは、各通信カード自体の通信トラフィックとは異なる伝送経路を用いることで、通信トラフィックから隔離されますので、管理機能側の設定ミスや管理不能となったとしても、通信カードの本来の役目の通信機能を維持するために、IONシャーシのバックプレーンを介して送信されます。各種通信モジュールが送受信するデータ(お客様のデータ)は、バックプレーン上のトラフィックとは共有されません。その他すべてのIONスライドイン・カードの目的は、様々なデバイスとのネットワーク・インターフェースを提供することです。

IONシャーシ用の各スライドイン・カードは、特定の機能をIONMM経由で 制御することができる機能を持っています。ネットワーク管理者が設定し、IONMM 経由のリモ-ト IONモジュールのトラブルシューティングと監視を行うことができます。管理情報へのリモートアクセスは技術スタッフの派遣による現場コストを削減し、通信障害が発生した場合、詳細なSNMPトラップを受信することにより、障害発生箇所を見つけ出すことによって、平均故障時間を低下させることができます。

管理方法は大きく分けて3つの方法があります。1つはIPv4またはIPv6設定のいずれかによる、コマンドライン・インターフェース(SSHv2またはコンソール・アクセス)による管理、もう1つはhttpまたはhttpsによるWebページ・アクセスによる管理、そしてSNMPプロトコロル(v1/v2C/v3)による管理です。SNMPプロトコル対応のサードパーテイ・ソフトウェアを運用中ではないお客様の場合、無償で添付されてくるJavaソフトウェアによって動作するfocalpointソフトウェアを利用することが出来ます。そうでない場合は、Web管理をすることが最も簡単です。CLI管理によるコマンドを覚えるのは、どちらかというと難しいため、忌避されることが多いですが、セキュリティ確保や操作を難しくすることで、運用管理を工事会社が行うという手段にもしばしば利用される場合がありますので、ケースバイケースで顧客の回線所有者や契約者に合わせて管理方法を検討することが重要です。

冗長電源動作について
  • IONカードのバックアップ/リストア/アップグレード
  • 管理アクセスの様々な方法を提供
  • 2ポート10/100Base-TX Ethernetインターフェース
  • USB コンソール・ポート
  • 1スロット設計
  • セキュリティ機能搭載
  • ユーザー管理の拡張
  • Syslog (システムのログ取得)
  • IPアドレスモードを多数搭載 (IPv4 / IPv6、DHCP、スタティック、Bootp)
  • SNMP v1, SNMP v2c, およびSNMP v3 サポート
  • SNMPコミュニティ名の複数指定に対応
  • Public と private MIB のサポート
  • メーカーオリジナルのSNMPソフトウェア「focalpoint ver3」が無償で付属
管理アクセスの様々な方法を提供
  • USBポートにて、端末エミュレーション・プログラム(ハイパーターミナルまたはTeraTermなど)を実行して、ローカル接続されたワークステーションを介してコマンドライン・インタフェース(CLI)にアクセスすることによってIONMMを管理できます。但し、一部のカード・モジュールまたは電源モジュールのコンフィグレーションはCLIコマンドだけでは完結できず、Webページ経由での操作を必要とするものがあります。
  • 2つのEthernetポートのどちらかに接続したEthernet経由にて、リモート接続されたワークステーションを介してSSH接続によるコマンドライン・インタフェース(CLI)にアクセスすることによってIONMMを管理できます。但し、一部のカード・モジュールまたは電源モジュールのコンフィグレーションはCLIコマンドだけでは完結できず、Web経由での操作を必要とするものがあります。
  • 2つのEthernetポートのどちらかに接続したEthernet経由にて、リモート接続されたワークステーション上で実行中のJavaを介してIONMMのグラフィカル・ユーザ・インターフェース(focalpoint3.1=fp3.1)にアクセスして管理することができます。fp3.1とweb管理で異なる点は、シャーシ一覧表示時にグラフィカルで可視化できるか、テキストのみかの点のと、SNMPトラップ・ビューワを管理PCで受信できる点です。
  • 2つのEthernetポートのどちらかに接続したTCP/IPネットワーク経由にて、簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP) を介してIONプラットフォームを管理するユーザーに対して、publicおよびprivate 管理情報(MIB)の両方を統合して使用することができます。サードパーティ製のSNMP管理ソフトウェアを利用することが出来ます。
IONMM管理モジュールへ3つの方法でアクセスしたときの表示例
#

(1)ION106シャーシにfp3.1でアクセス

#

(2)ION106シャーシ上のIONMMにfp3.1でSNMP設定を開いている

#

(3)IONPS6電源モジュールにfp3.1でアクセス

#

(4)ION106シャーシでSNMPトラップ・サーバを開始、トラップビューワに送信されたトラップが一覧表示されている

#

(5)トラップ・ビューワ表示およびC2110-1013にアクセス

#

(6)送信されたトラップの内容を読み解くために、Phyindexツールを起動して解読する

#

(7)ION219シャーシにfp3.1でアクセス、すべてのカードはLED状態まで正確に可視化される

#

(8)IONPS-A電源モジュールの状態表示にfp3.1でアクセス

#

(9)ION電源モジュール搭載のFANモジュールにアクセスし、回転数を確認(fp3.1)

#

(10)ION219上のIONMMにfp3.1でアクセス

#

(11)C2210-1014カードにfp3.1でアクセス、softwareモードを確認

#

(12)C2210-1014のRJ-45ポートの設定画面にfp3.1でアクセス

#

(13)ION106シャーシにCLIでアクセスし、カード一覧表示コマンドをタイプした

#

(14)ION106上の電源モジュールに移動してから、電源状態設定表示コマンドをタイプ

#

(15)電源状態設定表示コマンドの続きで、後方部分の表示

#

(16)ION219シャーシにCLIアクセスし、カード一覧表示コマンドをタイプした

#

(17)ION106シャーシにWebアクセス、カード一覧がテキスト表示されている

#

(18)C2110-1013カードにWebアクセスしました

#

(19)IONMMにWebアクセスしました