株式会社
ピーエスアイ

ホーム > PickUp! > インフラ・ソリューション PickUP! > 1対向電源付:LBO-VGA-AD-T/R-M-SC-UPS

1対向電源付:LBO-VGA-AD-T/R-M-SC-UPS

bci.png

1本のマルチモード光ファイバでVGAビデオとオーディオ+データを300m延長

1080P@60HzまたはWUXGA(1920x1200@60Hz)までのVGA/YPbPr映像信号を1芯マルチモード光ファイバで最大300m伝送延長することができます。
また、映像とは別にアナログ・オーディオ(2ch)またはデジタル・オーディオSPDIFを3.5mmピンジャックで送信機に入力できます。さらに2chのRS-232データを双方向で通信できるという機能を有しているモデルもあります。また、LBOシリーズでは相互互換性があるため、映像信号をDVIまたはHDMIなどの受信機を接続して、信号伝送とともにフォーマット変換して対応ディスプレイに映すことが可能となっております。LBO-VGA-EAD-Tの対向先の受信機は、LBO-VGA-AD-Rを使用して受信できます。エンベッド・オーディオ映像を出力する場合、LBO-HDMI-AD-R-M-SCを受信機とすることで、HDMI映像信号と共に、-EAまたはEAD送信機側から入力された音源が付加されて出力されます。

LBO-VGA-EAD-Tは、小型でもハイパフォーマンスで、LinkBridge™対応のVGA光ファイバ伝送システムです。片方向VGAビデオに同じく同時に片方向ステレオ・オーディオ、そして2つの双方向RS-232を1芯マルチモード光ファイバで伝送します。 解像度は最大WUXGA(1920x1200@60Hz)を含め、720p/1080i/1080p迄のVGAビデオまたはYPbPr映像を光ファイバケーブルで300mまで延長できます。非圧縮のためビット落ちの無い先進デジタル光ファイバ伝送システム技術を使用することで、ユーザによる調整は不要で短時間で簡単にセットアップできます。

この送信機のコンセプトは、映像入力をVGAで、オーディオを別途アナログ2チャネルまたはSPDIFで入力し、HDMIストリームのプロトコルに変換します。そして受信機によって出力されるフォーマットは変更されます。LBO-HDMI-AD-Rxが受信機の場合、オーディオがMUXされたHDMIビデオで出力されます。 受信機がLBO-DVI-AD-Rxである場合は、DVI映像とオーディオは分かれて出力されます。受信機がLBO-VGA-AD-Rとなる場合もそれと同様に、映像はVGAアナログ変換されてオーディオとは別に出力されます。どのフォーマットへの変換延長も同じく1芯のマルチモード光ファイバで伝送することができます。
また、スタンドアロン型以外にも壁面にプレート状に取り付け可能なモデルも用意されておりますので、 モニタの裏に配置スペースが無い場合でも、可能であればコンセント状のプレートを埋没させることで、利便性の高いアナログ映像(VGA)またはデジタル映像(HDMI/DVI)コネクタを壁面に用意することができます。
VGAフォーマットとYPbPr信号の切替はLBO-VGA-AD送信機および受信機のインターフェースに切替スイッチがあり、いずれか1つの入力フォーマットを選択することができます。

情報セキュリティ
製品

通信・情報伝送機器
光ファイバ関連製品