スタンドアロン(単体型)・メディアコンバータ:RS232/422/485共用で使用可能なデバイス・サーバ

このページでは、スタンドアロン(単体型)・メディアコンバータのうち、RS232またはRS422/485のシリアルデータをEthernet(IP)で延長するメディアコンバータを紹介しております。
この製品はシリアル・データのデバイス・サーバですが、トンネリング・モードとして設定することで、2台のIPアドレスを持ったデバイスをネットワーク上で相互に通信することで、シリアル・データをEthernetネットワーク経由で伝送可能にすることができます。

RS-232/422/485 シリアル・デバイス・サーバ [RS-232のみ制御信号の伝送可能]

スタンドアロン(単体型)スタンドアロン・メディアコンバータ

動作モード

サーバ・モードとコンバータ・モード(=トンネリング・モード)のどちらかで動作します。

ネットワーク・スイッチでSFPを利用すれば、任意の伝送距離まで到達できます。

RS-232はD-sub9ピンコネクタで接続し制御信号を含み接続延長が可能。RS-422/485は制御信号を除きデータ線(送信/受信)のみ対応。
SDSFE3110-120
SDSFE3110-120

シリアル接続間の距離を延長

このコンバータは、RS-232制御手順/ハンドシェーク手順に準拠し、フル/ハーフ・デュプレックス非同期データ送信方法で、最大115.2Kbpsの回線速度を可能にします。RS-422/485データも非同期によるデータの送受信が可能。(2線式または4線式に対応)DIPスイッチの切替またはWebGUIにより、簡単に変更可能。

VCOMドライバのサポートはXP迄で、ドライバのサポートは終了しております。
オートネゴシエーショ(IEEE802.3u) AutoCross™(オートクロス) リモート管理機能
販売終了予定:2016年6月30日(または部品ストック終了の早い方)
後継機種:SDSTX3110-121-LRT
この製品の集合型メディアコンバータ(PointSystem)製品はありません。
この製品のIONプラットフォーム製品はありません。

標準IEEE 802.3 (10BASE-T Ethernet)、IEEE 802.3u(100BASE-TX)、EIA/TIA RS-232/422/485、EIA/TIA-5744
回線速度最大115.2kbps
データ・レートUTP:10Mbps または 100Mbps
シリアル:115.2kbps(非同期)
伝送信号RS-232: TxD, RxD, CTS, RTS, DTR, DSR, RI, DCD, GND
RS-422: TxD+/-, RxD+/-, GND
RS-485: Data+, Data-, GND
DIPスイッチDIP#1: コンソール有効・無効(無効時=データ通信動作、デフォルト)
DIP#2: RS-232の有効(デフォルト)・無効
DIP#3: RS- 422/485 (4線)有効・無効(デフォルト)
DIP#4: RS-485 (2線)有効・無効(デフォルト)
DIP#5: 未設定、DIP#6: 未設定
DIP#7: 終端(TMR)有効・無効(デフォルト)
ケーブル長UTP:最大100m(Cat3/4/5)
RS-232シリアル・ケーブル:最大15m
RS-422/485シリアル・ケーブル:最大1,200m
寸法90m(幅)× 109.2mm(奥行)× 30mm(高さ)
電源標準モデル:電源アダプタ(25076):入力AC100〜240V(50/60Hz)、出力DC12V(1.25A)
動作環境標準モデル:動作温度0〜+50℃、動作湿度10%〜80%結露無
規格FCC Part 15 クラスA、CEマーク
保証期間5年
LED表示機能PWR(電源):電源供給時ON=点灯
100:UTP 100Mリンクアップ時=点灯
LNK/ACT:リンク時=点灯、受信中=点滅
ACT:(シリアル)データ・パケット受信中=点灯、データ送受信中=点滅
POST:正常稼働中=点灯、データ・パケット未受信時=消灯
管理機能Telnet、コンソール・シリアル(CLI)、WebGUI、SNMPv1
標準取付金具DIN/IECレール取り付け可能、壁取付金具標準

 

SDSFE3110-120 接続図

製品型番製品概要
SDSFE3110-120D-sub9ピン(M) ⇔ 10/100BASE-TX (RJ-45)[100m]


ページ先頭に戻る