集合型メディアコンバータ:PointSystem™ スライドイン・モジュール(カード型):RS232/422/485

このページではPointSystem™スライドイン・モジュール(カード型)のうち、RS232/422/485シリアルデータを伝送する製品を紹介しております。
左のナビゲーション・メニューから、目的のネットワーク・プラットフォームを選択するか、または下の製品に関連する別のプラットフォームのリンクがある場合があります。 下の方にある関連する製品リンクをクリックして下さい。現在のPointSystem™ モジュールのメニューから抜ける場合は、 PointSystem™ シャーシか、またはトップページのメニューをクリックして下さい。

リモート・マネージド RS232 メディアコンバータ

スライドイン・カード型Point System™ スライドイン・メディアコンバータ・モジュール

シリアルデータ送受信ケーブル延長

シリアル接続間の距離を光ファイバ・ケーブルで、拡張することができます。このコンバータは、RS232制御手順/ハンドシェーク手順に準拠し、フル/ハーフ・デュプレックス非同期データ送信方法で、最大115Kbps の通信速度を可能にします。このコンバータの診断機能により、簡単な設置を行うことができます。DTE/DCEスイッチが、適切なケーブル選択時の問題を解消します。

CRS2F3113-100
CRS2F3113-100

構内またはビジネス環境など、リモート・デバイスがポイント・ツー・ポイント構成で接続される場合、あるいは、銅線シリアル・ケーブルの15m伝送距離制限を超える距離が必要な場合に適しています。

PointSystem機能

・リモート・スタンドアロン・ユニットにリード/ライトアクセスが可能
・リモート・ループバック機能があります。
・DTE/DCEスイッチ
・コンバーター状態をシャーシ管理ソフトウェアに報告(リンク状態と各種設定内容)
リモート管理機能 ループバック機能 リモート・ファームウェア・アップグレード機能
この製品のスタンドアロン型(PointSystem)を表示する。
この製品のIONプラットフォーム製品はありません。

標準EIA/TIA-574、EIA/TIA RS-232E
通信速度最大115kbps
寸法22mm(幅)× 127mm(奥行)× 86mm(高さ)
消費電力5.0W
規格CISPR22/EN55022, EN55024, CE, クラスA
保証期間5年
LED表示機能P(電源):電源供給時ON=点灯
FL(光ファイバ・リンク):リンクアップ時=点灯
RX(銅線リンク):リンクアップ時=点灯、点滅=受信中
スイッチ(右側面)DCE/DTE:ケーブル結線のストレート/クロス切替
(前面)LOOP/NORM:ループバック・オン/オフ(通常オフ)

 

CRS2F31xx-100 接続図

製品型番製品概要
CRS2F3111-100DB-9 [15 m] ⇔ 1300nm マルチモード (ST)[2km]
CRS2F3113-100DB-9 [15 m] ⇔ 1300nm マルチモード (SC)[2km]
CRS2F3114-100DB-9 [15 m] ⇔ 1310nm シングルモード (SC)[20km]
CRS2F3115-100DB-9 [15 m] ⇔ 1310nm シングルモード (SC)[40km]
CRS2F3129-102
DB-9 [15 m] ⇔ 1310nm TX/1550nm RX 1芯シングルモード (SC)[40km]
CRS2F3129-103
DB-9 [15 m] ⇔ 1550nm TX/1310nm RX 1芯シングルモード (SC)[40km]

製品型番最小出力最大出力受信感度最大入力リンク
バジェット
CRS2F3111-100-19.0dBm-14.0dBm-30.0dBm-14.0dBm11.0dB
CRS2F3113-100-19.0dBm-14.0dBm-30.0dBm-14.0dBm11.0dB
CRS2F3114-100-15.0dBm-8.0dBm-31.0dBm-8.0dBm16.0dB
CRS2F3115-100-8.0dBm-2.0dBm-34.0dBm-7.0dBm26.0dB
CRS2F3129-100-13.0dBm-6.0dBm-32.0dBm-3.0dBm19.0dB
CRS2F3129-101-13.0dBm-6.0dBm-32.0dBm-3.0dBm19.0dB
CRS2F3129-102-8.0dBm-3.0dBm-33.0dBm-3.0dBm25.0dB
CRS2F3129-103-8.0dBm-3.0dBm-33.0dBm-3.0dBm25.0dB
 
CRS2F3129-100 およびCRS2F3129-101の1芯シングルモード光ファイバ製品は2014年12月に販売終了です。

CRS2F31xx-100でのRS232信号仕様とピン・アサイン図


RS422/485銅線 ⇔ 光ファイバ メディアコンバータ

スライドイン・カード型Point System™ スライドイン・メディアコンバータ・モジュール

最大速度1.25Mbps

シリアル接続間の距離を光ファイバ・ケーブルを使用して、40kmまで拡張することができます。このコンバータは、RS-422用2線モードおよびRS-485用2/4線モードで稼動し、回線速度最大1.25Mbpsのフル/ハーフ・デュプレックス・データ転送をサポートします。

PointSystem管理機能:

(コンバータの状態をシャーシ管理ソフトウェアに報告します)
・光ファイバ・リンク状態
・ローカル・スイッチ設定状況
・銅線のデータ受信状況
CRS4F3111-100
CRS4F3111-100

CRS4F3211-100
CRS4F3211-100

リモート・ファームウェア・アップグレード機能
この製品のスタンドアロン型(PointSystem)を表示する。
この製品のIONプラットフォーム製品はありません。

標準EIA/TIA RS-422、EIA/TIA RS-485
寸法22mm(幅)× 127mm(奥行)× 86mm(高さ)
出荷重量0.45kg
回線速度1.25Mbps
消費電力5.0W
DIPスイッチSW1: 受信側終端抵抗130Ω(下:有効化)
SW2:送信側終端抵抗130Ω(下:有効化)
SW3:プルダウン抵抗1kΩ(下:有効化)
SW4:プルアップ抵抗1kΩ(下:有効化)
SW5: 2線/4線切替(下:4線)
SW6:RS-485/RS-422切替(下:RS-422)
LED表示機能PWR(電源):電源供給時ON=点灯
RXF(光ファイバ・リンク):リンクアップ時=点
RXC(RS422/485銅線):銅線データ受信時=点灯、低通信速度でのデータ受信時=点滅
動作環境使用するシャーシの動作温度を確認して下さい
規格UL Listed, C-UL Listed(Canada) CISPR22/EN55022, EN55024, EN60950 Class A, FCCクラスA, CE, UL1950
保証期間5年

 

CRS4F3x1x-100 接続図

製品型番製品概要
CRS4F3211-100ターミナル・ブロック [1.2km] ⇔ 1300nm マルチモード (ST)[2km]
CRS4F3214-100ターミナル・ブロック [1.2km] ⇔ 1310nm シングルモード (SC)[20km]
CRS4F3215-100ターミナル・ブロック [1.2km] ⇔ 1310nm シングルモード (SC)[40km]

製品型番最小出力最大出力受信感度最大入力リンク
バジェット
CRS4F3111-100-19.0dBm-14.0dBm-30.0dBm-14.0dBm11.0dB
CRS4F3113-100-19.0dBm-14.0dBm-30.0dBm-14.0dBm11.0dB
CRS4F3114-100-15.0dBm-8.0dBm-31.0dBm-8.0dBm16.0dB
CRS4F3115-100-8.0dBm-2.0dBm-34.0dBm-7.0dBm26.0dB
CRS4F3211-100-19.0dBm-14.0dBm-30.0dBm-14.0dBm11.0dB
CRS4F3213-100-19.0dBm-14.0dBm-30.0dBm-14.0dBm11.0dB
CRS4F3214-100-15.0dBm-8.0dBm-31.0dBm-8.0dBm16.0dB
CRS4F3215-100-8.0dBm-2.0dBm-34.0dBm-7.0dBm26.0dB
 
CRS4F3111-100, CRS4F3113-100, CRS4F3114-100, CRS4F3115-100, CRS4F3213-100は2014年12月に販売終了です。
その後、EOLリストにあったCRS4F3214-100は受注生産製品に変更となりました。

CRS4F3x1x-100でのRS232信号仕様とピン・アサイン図


ページ先頭に戻る