TiFRONT導入ケース・スタディ

TiFRONTは火災報知器のような役目を持っています。出入り口に防火扉があっても、屋内で発生した火災の延焼を防ぐことは出来ません。

ケース2:人の出入りが多い企業

フリーアドレス等で、人の出入りが激しい企業で、悪意をもった人間が意図的にARPスプーフィングの攻撃を起こし、内部の拡散や情報窃取を行うリスクがあります。


TiFRONT導入前2:リスクがあります

よくあるWifiアクセスポイントによる不正侵入も内部脅威につながります。



TiFRONTを導入することで内部脅威のリスクに対処できます。乱立する無線アクセスポイントも802.1X認証などで一元管理できます。

TiFRONTで脅威を防止


ページ先頭に戻る