TiFRONT導入ケース・スタディ

TiFRONTは火災報知器のような役目を持っています。出入り口に防火扉があっても、屋内で発生した火災の延焼を防ぐことは出来ません。

ケース1:工場内のL2スイッチをTiFRONTにリプレース

工場内のLANはインターネットに接続されずにクローズド・ネットワークを構築しているため、UTMアプライアンスを導入していない工場が多くあるようですが、それが盲点です。企業スパイが持ち込んだマルウェアなどにより、データを盗まれたりする可能性をリスクとして捉えるべきです。


TiFRONT導入前:リスクがあります

USBだけではありません。単純に開いているLANポートからPDA端末などを接続することでマルウェア感染させられます。



TiFRONTを導入することで内部脅威のリスクに対処できます。

TiFRONTで脅威を防止


ページ先頭に戻る