株式会社
ピーエスアイ

ホーム > 取扱メーカニュース > フォーティネット > 過去のお知らせ (2016年以前)

フォーティネット

過去のお知らせ (2016年以前)

対象バージョンの範囲は、次の通りです。。
対象バージョン:         FortiOS 4.3.0 ~ 4.3.16                  FortiOS 5.0.0 ~ 5.0.7

次に示す通り、対策済みのバージョンに更新して下さい。

更新先バージョン:       FortiOS 4.3.18 または それ以降       FortiOS 5.0.12 または それ以降

FortiOSの更新がすぐにはできない場合は次の次善策がございます。

※すべてのインターフェース上および WebGUI または CLIアクセスのためのコンソール・アプレットにおけるSSH経由の管理アクセスを無効にして下さい。
※5.0以降のバージョンでは、ローカル・ポリシー設定にてSSHプロトコルによる管理アクセスを特定のIPアドレスからのみに制限することができます。
対策:http://www.fortiguard.com/advisory/FG-IR-14-018/に掲載されている通り、修正されたファームウェアにアップデートして下さい。

各ファームウェア ファイルのご入手は、ご購入の販売店または、弊社サポートにご連絡ください。

対策:修正ファームウェア v5.0.7にアップデートして下さい。

ファームウェア 5.0.7 のファームウェア ファイルのご入手は、ご購入の販売店または、弊社サポートにご連絡ください。
また、FortiGate のIPSライセンスををお持ちのお客様は、IPS 機能を使用して、サーバ等の本脆弱性の対策を取ることの出来ないFortiGate自体や他のサーバ等のネットワーク端末への攻撃をブロックする事が可能です。

FortiCareを含む1年以下のライセンスの更新を行う場合、サービスの有効期限が失効し、ブランクが発生した場合、失効日に遡り、失効日の当日から1ヶ月単位又は1年単位の契約が開始されます。 よって1年契約を登録されても実質ブランク期間が 差し引かれるため、その期間は1年に満たないことになります。但し遡る期間は最大6ヶ月までとします。
またブランク期間が発生し10日以内であれば、過去に遡らず登録作業を実施された、"登録日"よりその期間が開始されます。

FortiCare/FortiGuardサービスの有効期間が失効し、ブランクが発生した場合、失効日に遡ることなく、新たに登録する"登録日"より、更新の有効期間が開始され、1ヶ月単位又は、1年単位で更新手続きを行っていた。

取扱メーカ