FIT SmartClass Fiber™: HD4iP ディスプレイで端面検査の自動判定

光ネットワークのトラブル・シューティングによって判明する主要な原因のコネクタ端面の汚れは、国際電気標準会議(IEC)で定められた基準であるIEC 61300-3-35によって、光ファイバ・コネクタ端面の清浄度をグローバル品質の合否判定基準として確立されています。適切な工具を使わずに標準または基準に基づいて、光ファイバ・コネクタを比較することは難しく時間がかかります 。しかし、SmartClass Fiberデバイスを利用することにより、これらの課題を解消できます。標準または顧客が求める固有の品質を予め設定するだけで、ユーザーは簡単にデバイスに搭載されたマイクロスコープを使って端面に焦点を合わせてから、ボタンを押すだけで自動化された合格/不合格判定分析による光ファイバ・コネクタ端面の検査が実行されて証明することができます。

FBP-SD4iPを使用した光ファイバ障害対応時の現場検査工程の手順

FBP-HD4iPの画面アイコンと作業工程の説明

通信障害の発生した機器の現場に到着。光ファイバ機器がリンク・ダウンを繰り返している原因を突き止めることになり、十中八九、光ファイバのコネクタの汚れが原因かもしれない。

  1. (1)FBP-HD4iPの電源を入れ、数秒で起動。「検査する」アイコンをタッチします。
  2. (2)光パッチコード(SC/PC)を抜き、PCMの挿入口に入れ、左手の親指でフォーカス・ホイールを回して焦点バーを目安に調整する。
  3. (3)判定ボタンを押す。数秒後に汚れや傷の場所にマーキングが付き、合否が表示される。HD4ipの本体の保存ボタンを押下して結果を保存。
  4. (4)次にパッチコードはそのままで、FBP-P5000iの先端の検査TipはSC。メス側であるバルクヘッドに挿入し、画面切替スイッチを押下。すぐに画面はパッチコードの画面からバルクヘッドに切り替わる。
  1. (5)バルクヘッド側の焦点調整は、右手の親指で行うことができる。画面に表示される焦点バーを目安に調整する。
  2. (6)同じく右手の親指で届く場所に判定ボタンがあるので押す。バルクヘッド側の端面の自動判定が行われ、数秒で汚れや傷の場所にマーキングが付き、合否が表示される。HD4ipの本体の保存ボタンを押下して結果を保存。
  3. 現場では基本的に合格となるまで、清掃を繰り返すかあるいは、パッチコードの傷が酷い場合はコネクタをつけ直すまたは機器の交換作業となるはずです。これらの(1)〜(6)までの検査のみの時間は、慣れている人で1ポートあたり1分45秒の検査が可能です。
 
FBP-SD4iP

デュアル倍率PCMを搭載した端面メス・オス対応キット

  • 3.5インチのタッチパネル液晶ディスプレイで、日本語GUiも内蔵されていますので指または付属タッチペンでの直観的な操作が可能。
  • 単三アルカリ乾電池×8本または電源アダプタによる稼働が可能。オプションに充電機能が利用できるLi-IONバッテリパックがあります。
  • 明るさ調整やオートパワーオフ機能により省エネ対応。
  • ファイル名にカタカナ/数字/アルファベット/記号などが使用可能(日本語GUI使用時)
  • ユーザー情報の判定レポート挿入機能により、会社名や作業ID、ケーブルIDなどを入力可能
  • Windows PCとUSB経由で接続し、検査判定に使用する基準プロファイル内容の編集および判定レポートと低/高倍率の静止画像の回収が可能。
  • バルクヘッド向けマイクロスコープであるFBP-P5000iには、SC/LCの検査Tipが付属し、USB接続なのでWindows PCに接続してFiberChekPROソフトウェアによる様々な運用が可能。(端面検査時の明るさ調整や判定基準の編集、そしてWindowsPC上で端面検査機能も利用可能)
 

製品型番

FBP-SD4iP-PSI

製品構成

FBP-P5000i マイクロスコープ(SC/LC) / HD4iP ディスプレイ(1.25/2.5mm)/FiberChekPROソフトウェアおよび
95ページ+76ページの日本語詳述取説付
  • 3.5"タッチLCDハンドヘルドHD4iデュアル倍率PCM付ディスプレイ
  • 交換可能なPCM検査用Tip 2個:
    * 1.25mmユニバーサル・フェルール対応(FMAE-U12)
    * 2.5mmユニバーサル・フェルール対応(FMAE-U25)
  • FBP-P5000i USB2.0対応デュアル倍率マイクロスコープ(ソフトケース付)
  • 交換可能なFBPT検査用Tip 2個: (Tipケース付)
    * SC-PCバルクヘッド
    * LC-PCバルクヘッド
  • PC接続用USBケーブル(USB Type-A/microB)
  • キャリング・バッグ
  • FiberChekPROソフトウェアDVD-Rおよび日本語取説(HD4iP/5000i)
 

 FBP-HD4iP各部名称


HD4iP各部名称FBP-P5000iマイクロスコープの特長は、左のリンク・メニューから「PC利用製品」をクリックしてご確認ください。
@PCM(パッチコード・マイクロスコープ)の挿入口
APCM検査開始ボタン
BPCM焦点調整ホイール
CPCM倍率切替ボタン
Dホーム画面表示ボタン
E簡単切替ボタン(接続されたデバイス:PCMを含めUSBマイクロスコープやUSB光パワーメータなどの画面を1回で切替トグル表示できる)
F電源ボタン(起動時間は数秒)
GLED表示機能:左から充電池残量低下警告、判定中の動作ランプ、専用バッテリパック使用時の充電開始LED
HタッチLCDは指でも付属タッチペンでも使用可能(静電容量ではない感知方式)
Iメニュー表示ボタン
J戻る/キャンセル・ボタン
K保存ボタン
L決定ボタン(中央)と左、上、右、下のメニュー選択ボタン(タッチパネルだけではなく、ボタン入力にも対応している)
 
 

製品型番

FBP-HD4iP

※HD4iP単体です。PCMには標準でFMAE-U25が付属していますので、挿入可能な2.5mmフェルール(SC-PC/FC-PC/ST-PC)でPC研磨(斜めではないもの)なら検査・判定が可能です。
FBP-HD4iPで端面検査

製品構成

FBP-HD4iP ハンドヘルド・デュアル倍率PCM付ディスプレイ
    付属品
  • アルカリ乾電池(×8本)、AC電源アダプタ
  • 検査Tip(FMAE-U25)は本体に標準装着
  • キャリング・バッグ
  • FiberChekPROソフトウェアDVD-Rおよび日本語取説(HD4iP)
 

FBP-SD4iPの利便性を向上するアップグレード・キット「UC4PSiセット」

FBP-HD3

SD4iPを充電可能バッテリパック搭載と
ハンズフリー化できます。

  • HD4iPをハンズ・フリーで操作できるようになるネックトラップ付専用キャリア。右上にあるチャック付ポケットにUSBエクステンダーなどが収納できます。
  • リチウムイオン・バッテリ・パック搭載により、ACアダプタによる充電も可能になります。
  • FBP-P5000iの検査Tipにユニバーサル1.25mmおよびユニバーサル2.5mm用を追加することで、パッチコードの検査効率を向上できます。

製品型番

FBP-UC4PSi

※ハンズフリー・キャリアはHD4iP(PCM搭載モデル)専用です。HD4iのハンズフリーキャリアは、単体製品型番にてお買求めできます。
 

ページ先頭に戻る