「標的型攻撃」への対策はFortiSandboxが有効です

特に重要な標的型攻撃(ウイルス)の検知機能

プログラムの検知

>>シグネチャ型、およびサンドボックス型のウイルス対策機能でウイルスそのものを検知します(入口対策)



通信の検知

>>標的型攻撃で利用されるボットネット(ウイルス)は、必ず外部と通信を行います。ボットネット対策(アプリケーション制御)機能で通信方法(プロトコル)からボットネットを検知します(出口対策)



通信先による検知

>>ウイルスはコマンド&コントロール(管理)サーバーと通信を行います。アクセス先IPアドレス、或いはURLからウイルスを検知します(出口対策)

ウイルス対策機能





ボットネット検知機能







Webフィルタリング機能